2006年05月23日

PCST−9協賛国際シンポジウム 「科学を語り合う――サイエンスコミュニケーションの方法と実践」  Communicating Science: The Method and Practice of Science Communication

PCST−9協賛国際シンポジウム
「科学を語り合う――サイエンスコミュニケーションの方法と実践」
 Communicating Science: The Method and Practice of Science Communication

【開催主旨】
携帯電話などの工業製品、健康・医療・食品分野など、今や、科学技術の恩恵なしに、
わたしたちの生活は考えられません。しかし、その根底にある科学や技術に対する親近
感は、全体になんとなく薄れつつあるというのが現状です。それでよいのでしょうか。
科学技術に無関心な人が多いまま、もっと暮らしやすい社会が実現できるとは思えませ
ん。こうした現状は日本に限ったことではなく、世界共通の問題です。そんな状況を打
開するために、さまざまな立場の人が同じ土俵で科学技術について語り合うというのが、
サイエンスコミュニケーションの基本理念です。その理念をもっと広めるために何をす
べきか、何ができるのかを議論する国際会議が、韓国ソウルで開かれます(PCST-9)。
日本でも、みなさんといっしょに語り合う機会を設けました。一人でも多くの参加をお
待ちします。

◇期日:2006年5月23日(火)13:00〜17:30(開場12:00)
◇会場:日本大学カザルスホールhttp://www.nu-casalshall.com/
 (交通:JR御茶ノ水駅お茶の水橋口から徒歩4分)
◇対象:この分野に関心をお持ちの専門学校生・大学生以上のすべての方

◇参加費:無料(ただし、事前登録が必要です)
◇日英同時通訳付


■プログラム (直前の変更もありえます)

特別基調講演 パトリック・ヴィッテ・フィリップ(欧州委員会研究総局広報担当官)
 「科学研究のコミュニケーション――ヨーロッパの取り組み」

基調講演1 リチャード・ホリマン(英国オープンユニバーシティ講師)
 「科学に関心を持つ市民の環をつなぐ」

基調講演2 アン・グランド(英国ジュニア・サイエンスカフェ副代表)
 「ジュニア・サイエンスカフェの試み」

国内招待講演1 小林 傳司(大阪大学コミュニケーションデザインセンター教授)
 「日本におけるサイエンスコミュニケーションの課題」

国内招待講演2 佐々義子(くらしとバイオプラザ21主任研究員)
 「バイオカフェの試み――サイエンスコミュニケーションの一方策として」

国内招待講演3 田辺玲奈(国立科学博物館学習課)
 「学びの連鎖を目指して――上野の山の文化資源を活用する」

国内招待講演4 高田浩二(海の中道海洋生態科学館(マリンワールド海の中道)館長)
 「マリンワールドの挑戦――実物教育の限界と情報教育の未来」

まとめ&全体討論 渡辺政隆(科学技術政策研究所総括上席研究官)

オプショナルセッション「サイエンスキャバレー」(18:00〜19:30)
 ゲスト:桜井進(サイエンスナビゲーター)「楽しき哉、数学」
 (講演終了後、カザルスホール内レセプション会場にて、ドリンク片手にサイエンス
 ショーを見ながら楽しく科学を語らいます。ふるってご参加ください。)

◇お問い合わせ・申込先:
政策研国際シンポジウム事務局(潟Tイマル・インターナショナル内)
 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-25-5虎ノ門34MTビル1F
 E-mail:nistep@simul.co.jp  TEL:03-3539-3140 FAX:03-3539-4530

◇お申し込み方法:
上記事務局宛に、Eメール、ファクスまたはハガキで、住所・氏名・年齢職業を明記の
上、オプショナルセッション参加希望も含めてお申し込みください。後ほど参加票をお
届けします。

◇参加申込締め切り日:2006年5月17日(水)
   【締め切り後も座席に余裕があれば受け付けます】

主催:文部科学省科学技術政策研究所 http://www.nistep.go.jp
   ブリティッシュ・カウンシル http://www.britishcouncil.org/jp/japan-science.htm
後援:日本大学藝術学部

*   *   *   *   *   *

また、今回の国際シンポジウムにあわせて、下記のプレイベント、ポストイベントが行
われます。あわせまして、ふるってご参加ください。

◇プレイベント◇
5月22日(月)19:00〜21:00
 「科学とメディアを語る夕べ」(仮)
ゲスト:リチャード・ホリマン(英国オープンユニバーシティ講師)ほか
会場・参加費:未定

◇ポストイベント◇
5月24日(水)17:00〜19:00
 「サイエンスカフェの方法と実践」(仮)
ゲスト:アン・グランド(英国ジュニア・サイエンスカフェ副代表、ブリストル・サイ
     エンスカフェ事務局ほか),中村征樹(科学技術政策研究所研究官)
会場:ブリティッシュ・カウンシル
 (JR・東京メトロ・都営地下鉄 飯田橋駅より徒歩4分)
 http://www.britishcouncil.org/jp/japan-english-learn-tokyo.htm
 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 Tel 03-3235-8031 / Fax 03-3235-8040

なお、詳細は、後日、ブリティッシュ・カウンシルの下記サイトに掲載される予定です。
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-science-communication.htm
いずれのイベントも、事前登録が必要となります。
E-mailに住所・氏名・年齢・職業を明記の上、science@britishcouncil.or.jp までお送り
ください。

◇プレイベント/ポストイベントに関するお問い合せ先:
ブリティッシュ・カウンシル 科学教育部 辛島
 162-0825 東京都新宿区神楽坂1‐2
 E-mail: science@britishcouncil.or.jp
 Tel: 03-3235-8031 / Fax: 03-3235-8040

-----
posted by K_Tachibana at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック